2017/07 オープニングセレモニー



本日、ロータリーや様々な事でお世話になっている、Antonio-Gloria Ynoc氏のファミリーが故郷に教会を建て、
そのオープニングセレモニーがあったので、セブ市から車で北へ約2時間半の海と緑が綺麗な田舎町へ行って参りました。
とってもりっぱな教会には市長を含め、数百人は超えるであろうというたくさんの人々がとても嬉しそうに来ていました!
これまで教会に行きたくても、遠くて行けなかった人がたくさんいるらしく、これから気軽に来れるとみんな本当に喜んでいました。
自分の故郷に少しでも恩返しをしようと、こんな教会を作ってしまうトニーさんに、本当に脱帽です。
我々テレネットとしても、わずかではありますが、寄付をさせて頂きました。
現状、我々に出来る事は寄付くらいではありましたが、これからもトニーさんや、ロータリークラブのメンバーと一緒にたくさんの人々のお役に立てる様、頑張ってまいります。


2017/6 ロータリークラブ懇親会



今月のロータリークラブにははるばる、日本の大分県から、ロータリークラブメンバーが駆けつけて、
我々セブロータリークラブとの姉妹提携を結びました。毎年こうして提携してたくさんのボランティアを行っています。
また、今回は日本人を代表して、我らが武田のオペラの様な君が代でパーティーが、開始されました!
私はセブロータリークラブのメンバーではありますが、日本人としてこうして日本から来て頂いたメンバーとお会い出来るのは、
とても嬉しい事であり、同じ志しを持つ仲間が増えたことは大変喜ばしいことです。
今後ともロータリークラブを通して社会貢献を行っていきます。


2017/5 ロータリークラブボランティア



今日はロータリークラブのメンバーと、学校のボランティアに来ています。
この学校は、幼稚園と高校があり、どちらかと言うとお金があまり無い家族の子供達が通っています。
ロータリークラブは、彼らに少しでも栄養のある食事を提供しようど、随分前からサポートをしています。
私も、弊社の大澤と一緒に少しではありますが、サポートできたかと思います。
また、名札の付いた木の苗を埋め、これから学校の子供達が育ててくださるとの事でした。とても光栄に思います。
我々の力はまだまだ微力ではありますが、喜んでくれる子供達の笑顔を見ていると、こういった活動をする事の大切さを感じました。
テレネットでは、これからもどんどん社会貢献活動に力を入れて行きたいと思います。


2017/4 ロータリー懇親会



フィリピン人は家族を大事にすることで有名です。
ロータリークラブでも新しいロータリアンが加入した際に
ロータリアンの家族を招待してみんなで食事をします。
特にロータリアンの人達は家族経営が多く、
旦那さんと奥さんで仲睦まじく事業をされている方も多いですし
それぞれが別々の事業をされている方もいます。
この日の料理は、ロータリアンオススメのレストランからのケイタリングや
料理上手な奥様が自慢の腕を振るった一品など
料理の種類も豊富でとてもおいしく楽しい時間を過ごせました。


2017/2 ロータリーバレンタインデーイベント



今月はロータリークラブのバレンタインパーティーでした。
フィリピンではバレンタインデーはクリスマスの次に大きなイベントです。
バレンタインデーということで夫婦で参加するゲームやチークダンスで
みんなとても盛り上がっていました!
いくつ年齢を重ねても、ずっと仲がよく、羨ましいですね。
ハッピーバレンタインデー


2016/12 ボニータガール クリスマスパーティー



ボニータの少女たちから、クリスマスパーティーに招待頂きました。
いつものボニータホームからほど近くにある小さな教会へ行きました。
そこには大きなステージやたくさんの寄付によって送られるクリスマスプレゼントがありました。
私たちもささやかではありますが、少女たちへプレゼントを用意しました。
一緒にお昼ご飯を食べたり、踊ったり歌ったり、楽しい時間を過ごしました。
メリークリスマス!ボニータガール


2016/11 定期ボランティア



今月もボランティアへ行って参りましたのでご報告させて頂きます。
文房具セットとキャンディーのプレゼントをさせて頂きました。
今回は、キッズチームからのダンスと音楽のお礼を頂きました!
訪問のたびに温かく迎えてくれる子供たちに笑顔に自分たちも元気を貰っていますが、スタッフの何名かは名前を憶えて貰ったりと、交流が深まってきたことを本当に嬉しく思います♪
12月は施設でもクリスマスイベントがあると伺いましたので、来月度はサンタさんになった気持ちで子供たちを盛り上げて来ます!


2016/10 ロータプラスト



セブテレネットが所属するロータリークラブ主催のボランティア、「ロータプラスト」に昨年に引き続き、今年も参加させて頂きました。
毎年、15人程のアメリカ人医師達がアメリカからボランティアに参加し、口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)の治療を行っています。
今年で10年目の節目となるロータプラスト、既に1000名近くの患者さんが治療されています。
口唇口蓋裂は、鼻の下から唇にかけて、一部に裂け目が現れる状態で、8割程が遺伝子によるもので、
その他は、原因不明だったり、妊娠時の栄養失調などが考えられるということですが、
幼児期・学童期にしっかり治療ができれば、その後、傷はほとんど目立たなくなります。
成長著しいフィリピンでも、発展途上国という現実はあり、治療費を出せず、傷が残ったまま大人になる子供たちは未だに多くいます。
通じてリゾートだけでは見えないフィリピンの側面を見る、
フィリピンで活動する企業として、この国の発展に少しでも役立てるよう活動を行っていきます。


2016/09 定期ボランティア



セブテレネットでは定期的な活動として施設へのボランティアを会社で行っています。
インターンスタッフも積極的に参加をしてくれるので、
施設のみんなはいつも喜んでくれます。
今回はみんなと一緒にゲームをしました。
シンプルなルールですがとても盛り上がりました。
一個目は
BRING ME
日本の借り物競争の様な遊びです。
親が欲しいものを言って、みんながそれを持っていき、
早い人の勝ち。とても簡単ですが、なかなか見つからない物になるとみんな必死で探します。
逆に簡単に手に入る物になると今度はスピード勝負です。
STOP DANCE
日本のだるまさんが転んだと椅子取りゲームを合わせた様な遊びです。
音楽に合わせておどり、音楽が止まると動きを止める。
最後まで残った人の勝ちです。
とてもシンプルですが、やはりフィリピンの子供達はノリが良く、
音楽に合わせてとても楽しく踊ります。
どちらのゲームも意外と体力を使いました。
その後は我々が持ってきたお菓子をみんなで食べました。
ボランティアと言っても、我々も一緒に楽しめるとても充実した時間でした。
毎回感じるのは、結果的に元気をもらうのは我々のような気がしています。
ボランティアを通じてリゾートだけでは見えないフィリピンの側面を見る、
インターンスタッフにその大切さを実感して頂ける機会となっていることに感謝をしています。


2016/07 定期ボランティア



新学期も始まり、雨期ではありますが、
毎朝通勤時には雨具に身を包み、学校へ通学している子供たちを見かけます。
今回は本格的なダンスを練習して子供たちとたくさんの曲を踊りました。
カラーペンをたくさん寄付したので、今日のことを色んな色で鮮やかに描いてくれることでしょう。


2016/06 定期ボランティア



今月より学校の新学期が始まっています。
一年前の新学期の時期を比べると、子供たちのめまぐるしい成長を感じました。

そして今回は、新学期の準備を支援する為に、
文房具セットを100人分寄付いたしました!!
このボランティア活動のおかげで、毎月最新の洋楽を学べますし、
社内のスタッフの交流も出来るのでチームワークが深まります。

現在セブは雨期ですが、子供たちの笑顔は太陽のように輝いていました!


2016/02 バレンタインデー



私たちはバレンタインデーに孤児院へ
沢山のLOVEを届けに行って参りました。

今回は、彼女達からダンスのリクエストでぜひ一緒にダンスしよう♪とのことだったので、
即興で、一緒に踊りました~。
私たちは練習した ジャスティン ビーバーの”Love your self”を歌いました。
そうするとさすが、子供たち!!
最新の曲もよく知っています!!!

いつもは教育の面から支援しているのですが、
今回は子供たちに心からのLOVEを込めてチョコレートを贈りました。
子供たちからたくさんのSMILEをお返しに頂きました。
子供たちの幸せそうな笑顔をみてとても素敵なバレンタインデーを過ごすことが出来ました。


2016/01 ロータリークリスマスパーティー2015



今年もロータリークラブのクリスマス会へ招待して頂きました。
赤・黄・緑のチームに分かれてクリスマスソングを歌ったり、踊ったり…
私たちは日本の文化や、フィリピンの方により日本を身近に感じて頂くために
日本で流行っている曲に合わせてダンスを披露しました。
ロータリアンの方々と一緒に過ごす時間はとても楽しかったです。
クリスマスの差し入れとして特大のピザをプレゼントしました!
とっても美味しかったです!!

ロータリークリスマスパーティーへお招き頂き、感謝致します。


2015/12 Merry Christmas BONITA HOME



私達は先週ボニータホームの女の子たちの施設を訪ねました。
彼女たちは早めのクリスマスパーティーを開催していて、そこへ私たちを招待して頂きました。
とても素敵なパフォーマンスに歌やダンスを見せてくれました。
これを機会に私達は彼女たちの教育面での支援を継続し続けます。
これらの小さな支援ですが、彼女たちに学業を修了してほしいです。

みなさま、よいクリスマスを!!


2015/11 ロータリークラブ



こちらは、年に一度、口唇裂(みつくち)の子供たちを対象に手術を行うボランティアをしております。
そのボランティアに今年から参加しました。
アメリカから医師団を呼び、フィリピン中から対象の子供たちを集め1週間かけて、
出来る限りの子供たちへ手術をし、通常の唇に戻すボランティアをしております。
ロータリークラブを通して、このボランティアへも今年から参加し、寄付もしております。


2015/10 ボニータハウス



ロータリークラブの方からの紹介で、月に1度ボニータハウスへボランティアへいってます。
ボニータハウスは、家族や親戚から性的暴行を受けた子達をかくまう女の子だけの施設です。
色んな方々がお米やおもちゃ・洋服の寄付をする中、テレネットは教育に特化したボランティア
を続けていこうという事で、毎月文房具等を寄付に送ってます。
また、毎月インターンシップ生と訪問する際には、
日本の文化に触れてもらおうと、日本の歌・折り紙・遊び・手品などを披露してます。